九州

登山記録 九州

2018/9/22

霧島山(2007年4月29日)

日程・行程 2007年4月29日(日) 晴れ 大浪池登山口⇒大浪池休憩所⇒韓国岳避難小屋⇒韓国岳⇒獅子戸岳⇒新燃岳⇒中岳⇒高千穂河原⇒(タクシー)⇒大浪池登山口 登山記録 昨日は開聞岳を下山して、23時頃に大浪池登山口の駐車場に到着。駐車場に到着するまでの道には鹿が沢山出没して、2度程鹿をひきそうになった。大浪池登山口駐車場にはトイレもあり、静かで車中泊するにはうってつけの場所だ。ちなみにこの先には「えびの高原」の駐車場があり、そちらでも車中泊可能だ。 05:51 大浪池登山口駐車場 今回レンタカーで借り ...

登山記録 九州

2018/9/22

開聞岳(2007年4月28日)

  日程・行程 2007年4月28日(土) 晴れ 2合目登山口⇔開聞岳 / ピストン [10:23 鹿児島空港] 羽田08:05発の飛行機に乗り、30分遅れで鹿児島空港に到着。空港からは霧島山の韓国岳や高千穂峰が見えており、韓国岳か開聞岳に登るかで迷うが、直前の天気予報で明日も晴れの予報となったため 、霧島山は明日登る事にして行程の短い開聞岳に先に登る事とした。日産レンタカーで借りたラティオに乗って開聞岳に向かう。 [12:34 池田湖] GW初日なのだが、九州自動車道・指宿スカイライン共に空い ...

登山記録 九州

2018/9/22

屋久島縦走|3-4日目(2007年5月1-4日)

3日目の登山記録 5/3(晴れ) 淀川小屋→花之江河→黒味岳→投石平→宮之浦岳→焼野三叉路→永田岳→焼野三叉路→第二展望台→新高塚小山→高塚小屋→縄文杉→ウィルソン株→大株歩道入口→楠川分れ→辻峠→白谷山荘(小屋泊) 04:27 淀川小屋を出発 今日は地図タイム14時間の行程のため、3時30分に起床して朝食の菓子パンを食べて4時30頃に出発。久々の3時台の起床なので起きれるか不安だったのだが、3時位には他の登山者が起きて荷物の整理でガサガサしていたので目覚まし要らずだった。 05:15 夜明け ヘッドライ ...

登山記録 九州

2018/9/22

屋久島縦走|2-3日目(2007年5月1-4日)

  行程 5/2(晴れ):蛇ノ口滝分れ→鯛之川出合→乃木岳→淀川入口→淀川小屋(小屋泊) [05:46 蛇ノ口滝分れ] 夜が明けたらすぐに出発する予定だったのだが、山の西斜面にいるのでなかなか日が上がらない。朝食の梅茶漬けを食べ、明るくなってきた5時45分に出発。 [06:39 滝の音を聞きながら登る] しばらくは鳥のさえずりと滝の音を聞きながら樹林帯を進む。 [06:56] 昨日に引き続き、至る所に沢があるので水の心配は全く無い。 [07:37] 地図添付の冊子には、木々の合間から蛇之口滝と上 ...

登山記録 九州

2018/9/22

屋久島縦走|1日目(2007年5月1-4日)

登った山 宮之浦岳(1,935m)、永田岳(1,886m)、黒味岳(1,831m) 日程 2007年5月1日(火)~5月4日(金) ■5/1(晴れ) 尾之間温泉→蛇ノ口滝分かれ→蛇ノ口滝→蛇ノ口滝分れ(テント泊) ■5/2(晴れ) 蛇ノ口滝分れ→鯛之川出合→乃木岳→淀川入口→淀川小屋(小屋泊) ■5/3(晴れ) 淀川小屋→花之江河→黒味岳→投石平→宮之浦岳→焼野三叉路→永田岳→焼野三叉路→第二展望台→新高塚小山→高塚小屋→縄文杉→ウィルソン株→大株歩道入口→楠川分れ→辻峠→白谷山荘(小屋泊) ■5/4(曇 ...

登山記録 九州

2018/9/22

祖母山(2005年5月14日)

登った山 祖母山 日程 5月14日(土) 行程 北谷登山口-千間平-九合目山小屋-祖母山-風穴-北谷登山口 記録 昨日は深夜に北谷登山口に到着して小宴会。僕は車内で寝たのだが、マツダのアテンザは後部座席が完璧なまでのフラットになるので最高の寝床となり、ぐっすりと眠る事が出来た。 06:45 1号目 朝起きて出発準備をするも、曇りの天気に何だか気分が乗らない。とりあえず祖母山登山で一番楽であろう千間平コースで山頂を目指すも、僕以上に気分が乗っていないメンバーが一人 、しんごさんだ。僕もしんごさんと同じく「樹 ...

登山記録 九州

2018/9/22

阿蘇山(2005年5月13日)

登った山 高岳 日程 5月13日(金) 行程 仙酔峡-高岳東峰-避難小屋-高岳-仙酔峡 記録 13:17 仙酔峡 熊本空港に到着し、しんごさんの運転で仙酔峡にやって来た。この時期の仙酔峡は祭りが開催されていて、物凄い混みようだ。それもそのはずで、世界最大級のカルデラの阿蘇山だけでも凄いのに、麓には山を一面ピンク色に染め上げる程に咲き誇るミヤマキリシマが群生しているのだ。それにしても今日は平日の金曜日だというのにこの混みようでは、土日はどうなってしまうのだろうか?ミヤマキリシマよりも人のほうが多くなってしま ...

© 2021 山と盆栽