花物類

花物類

2021/3/5

白丁花(ハクチョウゲ)

bonsai.shinto-kimiko.comコウチョウギの育て方|キミのミニ盆栽びよりhttps://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/koucyougi.htmコウチョウギはアカネ科の常緑低木。成長が早く萌芽力も旺盛で丈夫な植物です。花は一重咲きで緑色の葉が一般的ですが、八重咲きや斑入りの葉の種類もあります。細かい枝葉と白や薄桃色の小花は小品にしてもよく、細い小枝を挿してもよく発根します。 2020年3月3日 2020年1月1日

花物類

2021/2/25

梅(ウメ) <鈴鹿の関>

キミの盆栽びより梅(ウメ)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/ume.htm花をみるためには花芽分化期から逆算して剪定時期や培養を工夫する必要がありますが、樹形作りの段階では花芽を気にする必要がないので、伸びたら切り詰める剪定を行い、小枝を作っていきます。 春以降に伸びる新梢は、4月下旬~5月頃になって葉が6~7枚くらいに達した頃に2~3節の所で切り取ります。 2021年2月6日 2021年2月4日 2021年1月27日 202 ...

花物類

2021/2/25

長寿梅(チョウジュバイ) <赤花> B

bonsai.shinto-kimiko.com長寿梅(チョウジュバイ)の育て方|キミのミニ盆栽びよりhttps://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/cyojyubai.htm長寿梅(チョウジュバイ)はバラ科ボケ属の落葉低木。盆栽で使うボケには2系統があり、花が大きく幹が立つ唐ボケと、蔀(しどみ)や長寿梅などの草ボケがあります。長寿梅の幹は株立ち状になりやすい性質を持ち、唐ボケよりも小さな花が小品にも向きます。 2021年2月25日 2021年1月 ...

花物類

2021/3/5

紅花馬酔木(アセビ)

みんなの趣味の園芸アセビの育て方 - みんなの趣味の園芸 NHK出版https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-882/target_tab-2アセビの育て方を解説します。〔栽培環境・日当たり・置き場〕乾燥しすぎず、水はけがよい土壌に適します。午前中は日が当たる半日陰か、日なたが向きますが、日陰でも比較的よく生育します。ただし、花数は少なくなります。葉が傷むので、冬に乾風が当たらな... 2021年3月3日 2021 ...

花物類

2021/3/5

長寿梅(チョウジュバイ) <赤花> A

bonsai.shinto-kimiko.com長寿梅(チョウジュバイ)の育て方|キミのミニ盆栽びよりhttps://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/cyojyubai.htm長寿梅(チョウジュバイ)はバラ科ボケ属の落葉低木。盆栽で使うボケには2系統があり、花が大きく幹が立つ唐ボケと、蔀(しどみ)や長寿梅などの草ボケがあります。長寿梅の幹は株立ち状になりやすい性質を持ち、唐ボケよりも小さな花が小品にも向きます。 2021年3月3日 2021年2月5 ...

花物類

2021/3/5

秩父灯台躑躅(ドウダンツツジ)

shiny-garden.comサラサドウダンの育て方 - ガーデニングの図鑑https://shiny-garden.com/post-35599/サラサドウダンは、日本に分布するツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木です。 分布域は、北海道南西部、近畿地方以東の本州、四国、九州にあり、深山の岩地などに自生しています。 美しい花を咲かせることから、観賞用として栽培されています。 サラサドウダンの花期は4月~5月。 花期になると、枝先に長さ2~3㎝の花序が垂れ下がり、5~10個の花を咲かせます。 花は長さ0. ...

花物類

2021/2/10

十月桜(ジュウガツザクラ) B

キミの盆栽びよりサクラ(桜)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/sakura.htm桜は春肥が重要で、花後の肥料は枝作りのための芽吹きの力を助けるために必要不可欠です。特に秋に植え替えしたものは施肥を控えているので、春の肥料は大切な栄養分。4月~7月にかけては他樹種の5割増しくらいを目安に多めに施肥してください。 2021年1月1日

花物類

2021/3/5

十月桜(ジュウガツザクラ) A

キミの盆栽びよりサクラ(桜)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/sakura.htm桜は春肥が重要で、花後の肥料は枝作りのための芽吹きの力を助けるために必要不可欠です。特に秋に植え替えしたものは施肥を控えているので、春の肥料は大切な栄養分。4月~7月にかけては他樹種の5割増しくらいを目安に多めに施肥してください。 2021年3月3日 2021年1月1日 2020年10月15日 2020年9月13日

花物類

2021/1/30

甲州野梅(ヤバイ)

キミの盆栽びより梅(ウメ)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/ume.htm花をみるためには花芽分化期から逆算して剪定時期や培養を工夫する必要がありますが、樹形作りの段階では花芽を気にする必要がないので、伸びたら切り詰める剪定を行い、小枝を作っていきます。 春以降に伸びる新梢は、4月下旬~5月頃になって葉が6~7枚くらいに達した頃に2~3節の所で切り取ります。 2021年1月1日 2020年12月2日  

花物類

2021/3/5

屋久島馬酔木(アセビ)

みんなの趣味の園芸アセビとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-882早春に穂になって咲く小さな白い花や、紅色の新芽、濃い緑色の葉が美しいアセビには、日本のアセビ(Pierisjaponica)のほか、ヒマラヤ地域から中国雲南省などに分布するヒマラヤアセビ(P.formosa)などが庭木や鉢物として栽培され、... 2021年3月5日 2021年1月1日

花物類

2021/1/30

雲仙米躑躅(コメツツジ)

みんなの趣味の園芸ツツジとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-170古くから栽培されるツツジは、日本人に最も親しまれている植物の一つといえるでしょう。ツツジの名は、一般的にはサツキを除く、半常緑性のヤマツツジの仲間(ツツジ属ヤマツツジ節)の総称として使われますが、落葉性のレンゲツツジや常緑性で葉にうろこ状の... 2021年1月1日 2020年9月1日 2 ...

花物類

2021/2/25

深山霧島(ミヤマキリシマ) A

みんなの趣味の園芸ツツジとは - 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-170古くから栽培されるツツジは、日本人に最も親しまれている植物の一つといえるでしょう。ツツジの名は、一般的にはサツキを除く、半常緑性のヤマツツジの仲間(ツツジ属ヤマツツジ節)の総称として使われますが、落葉性のレンゲツツジや常緑性で葉にうろこ状の... 2021年2月25日 2021年1月1日

花物類

2021/2/25

一才万作(マンサク)

bonsai.shinto-kimiko.comマンサクの育て方|キミのミニ盆栽びよりhttps://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/mansaku.htmマンサクはマンサク科マンサク属の落葉小高木。雌雄同株。6月~7月頃に花芽が分化し、秋に花芽が分かるようになります。寒さには強いですが夏場の水切れや強い光線には弱いところがあります。 2021年2月25日 2021年1月18日 2021年1月1日

花物類

2021/2/25

木瓜(ボケ) <紅小町>

キミの盆栽びより木瓜(ボケ)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/boke.htm木瓜はバラ科ボケ属の落葉低木。平安時代に帰化した中国原産種で、実が瓜の形に似ていることから「木瓜(モケ)」が転じてボケと読まれるようになりました。品種が多く、早咲きの寒木瓜(カンボケ)と遅咲きの春木瓜(ハルボケ)に大きく分けることができます。 2021年2月25日 2021年2月9日 2021年2月4日 2021年1月18日 2021年1月9日

花物類

2021/3/5

富士桜(フジザクラ) <みどり桜> A

キミの盆栽びよりサクラ(桜)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/sakura.htm桜は春肥が重要で、花後の肥料は枝作りのための芽吹きの力を助けるために必要不可欠です。特に秋に植え替えしたものは施肥を控えているので、春の肥料は大切な栄養分。4月~7月にかけては他樹種の5割増しくらいを目安に多めに施肥してください。 2021年3月4日 2021年2月25日 2021年1月1日

花物類

2021/2/25

更紗灯台(サラサドウダン)

shiny-garden.comサラサドウダンの育て方 - ガーデニングの図鑑https://shiny-garden.com/post-35599/サラサドウダンは、日本に分布するツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木です。 分布域は、北海道南西部、近畿地方以東の本州、四国、九州にあり、深山の岩地などに自生しています。 美しい花を咲かせることから、観賞用として栽培されています。 サラサドウダンの花期は4月~5月。 花期になると、枝先に長さ2~3㎝の花序が垂れ下がり、5~10個の花を咲かせます。 花は長さ0. ...

花物類

2021/2/10

皐月(サツキ) A

キミのミニ盆栽びより皐月(サツキ)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/satsuki.htm皐月(サツキ)はツツジ科ツツジ属の常緑~落葉性木。日本固有種のRhododendron indicumの和名ですが、その近縁種や園芸品種を総称して皐月と呼び、皐月躑躅(サツキツツジ)とも言います。同じツツジ属の躑躅(ツツジ)とは開花期の違いから園芸的に区別されていて、5月~7月頃(陰歴の皐月)に一斉に咲くことからその名で呼ばれるようになり ...

花物類

2021/3/5

黄梅(オウバイ)

bonsai.shinto-kimiko.comオウバイの育て方|キミのミニ盆栽びよりhttps://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hanamono/obai.htmオウバイはモクセイ科の落葉小低木。鮮やかな黄色の花を咲かせる春の代表花の1つで、中国では迎春花とも言われます。小葉の姫黄梅は5月頃が花期です。どちらもあまり大きくならないので小品盆栽に向いています。 2021年3月3日 2021年2月21日 2021年1月1日 2020年12月8日

© 2021 山と盆栽