葉物類

葉物類

2021/2/25

蔦(ツタ)

2021年2月25日

葉物類

2021/2/26

欅(ケヤキ) C

キミの盆栽びより欅(ケヤキ)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/keyaki.htm欅は萌芽力が旺盛で、春から夏にかけて次々に芽が伸びてくるので、手入れを怠るとすぐに樹形を崩してしまいます。丹念な芽摘みや葉刈り、剪定をして細やかな枝先をつくる欅は、日頃から元気に育てて樹勢を維持することが大事です。 2021年2月25日 2021年2月8日

葉物類

2021/2/26

黄金縮緬葛(チリメンカズラ)

キミの盆栽びより縮緬葛(チリメンカズラ)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/chirimen.htmチリメンカズラはキヨウチクトウ科の常緑つる性低木。江戸時代から人気の古典園芸種の1つで、照りのある細かい葉の新緑や紅葉が美しく、古くなると幹が古色を帯びてだんだんと良くなってきます。チリメンカズラはテイカカズラの園芸種で品種がいくつかあり、枝変わり品種や矮性種などのほか、「細葉チリメン」、「丸葉チリメン」、斑入りの「初雪カズラ」などが ...

葉物類

2021/2/26

磯山椒(イソザンショウ)

bonsai.shinto-kimiko.comイソザンショウの育て方|キミの盆栽びよりhttps://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/isozanshou.htmイソザンショウはバラ科の常緑低木。山椒の葉に似た照りのある小さい葉が特徴でとても丈夫な樹種です。日本の南西諸島や台湾など温暖な地域の海岸や隆起した珊瑚礁などに自生する植物で、和名をテンノウメ(天の梅)といい、テンノウバイ(天皇梅)ともいいます。 2021年2月25日 2021年2月8日

葉物類

2021/2/26

山紅葉(モミジ) E

キミの盆栽びよりモミジ(紅葉)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/momiji.htm自然の土中とは違い、限られた量しか入らない鉢中の用土には、養分や貯蔵水分に限りがあるので不足分は灌水や施肥で補ってあげなければいけません。 2021年2月25日 2021年2月8日

葉物類

2021/3/5

舞姫紅葉(モミジ)

キミの盆栽びよりモミジ(紅葉)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/momiji.htm自然の土中とは違い、限られた量しか入らない鉢中の用土には、養分や貯蔵水分に限りがあるので不足分は灌水や施肥で補ってあげなければいけません。 2021年3月3日 2021年1月1日 2020年12月6日 2020年10月15日

葉物類

2021/1/30

富士橅(ブナ) C

キミの盆栽びよりブナ(橅、山毛欅)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/buna.htmブナの仲間は世界で10種ほどがあり、古い庭園文化の歴史を持つヨーロッパでは多くの園芸品種が作られました。日本には大きくブナとイヌブナの2種があり、盆栽では富士山麓産の「富士ブナ」が小葉で有名。生育よく丈夫ですが、亜高山帯に多く自生している樹種で葉焼けを起こしやすいことに注意。芽の動き方が読みづらく、やや作りづらい樹なので、培養のコツをつかみ適期に正 ...

葉物類

2021/1/30

富士橅(ブナ) B

キミの盆栽びよりブナ(橅、山毛欅)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/buna.htmブナの仲間は世界で10種ほどがあり、古い庭園文化の歴史を持つヨーロッパでは多くの園芸品種が作られました。日本には大きくブナとイヌブナの2種があり、盆栽では富士山麓産の「富士ブナ」が小葉で有名。生育よく丈夫ですが、亜高山帯に多く自生している樹種で葉焼けを起こしやすいことに注意。芽の動き方が読みづらく、やや作りづらい樹なので、培養のコツをつかみ適期に正 ...

葉物類

2021/1/30

白神橅(ブナ) C

キミの盆栽びよりブナ(橅、山毛欅)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/buna.htmブナの仲間は世界で10種ほどがあり、古い庭園文化の歴史を持つヨーロッパでは多くの園芸品種が作られました。日本には大きくブナとイヌブナの2種があり、盆栽では富士山麓産の「富士ブナ」が小葉で有名。生育よく丈夫ですが、亜高山帯に多く自生している樹種で葉焼けを起こしやすいことに注意。芽の動き方が読みづらく、やや作りづらい樹なので、培養のコツをつかみ適期に正 ...

葉物類

2021/1/30

白神橅(ブナ) B

キミの盆栽びよりブナ(橅、山毛欅)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/buna.htmブナの仲間は世界で10種ほどがあり、古い庭園文化の歴史を持つヨーロッパでは多くの園芸品種が作られました。日本には大きくブナとイヌブナの2種があり、盆栽では富士山麓産の「富士ブナ」が小葉で有名。生育よく丈夫ですが、亜高山帯に多く自生している樹種で葉焼けを起こしやすいことに注意。芽の動き方が読みづらく、やや作りづらい樹なので、培養のコツをつかみ適期に正 ...

葉物類

2021/1/30

白神橅(ブナ) A

キミの盆栽びよりブナ(橅、山毛欅)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/buna.htmブナの仲間は世界で10種ほどがあり、古い庭園文化の歴史を持つヨーロッパでは多くの園芸品種が作られました。日本には大きくブナとイヌブナの2種があり、盆栽では富士山麓産の「富士ブナ」が小葉で有名。生育よく丈夫ですが、亜高山帯に多く自生している樹種で葉焼けを起こしやすいことに注意。芽の動き方が読みづらく、やや作りづらい樹なので、培養のコツをつかみ適期に正 ...

葉物類

2021/2/10

山紅葉(モミジ) D

キミの盆栽びよりモミジ(紅葉)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/momiji.htm自然の土中とは違い、限られた量しか入らない鉢中の用土には、養分や貯蔵水分に限りがあるので不足分は灌水や施肥で補ってあげなければいけません。 2021年1月1日 2020年9月1日

葉物類

2021/2/25

山紅葉(モミジ) C

キミの盆栽びよりモミジ(紅葉)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/momiji.htm自然の土中とは違い、限られた量しか入らない鉢中の用土には、養分や貯蔵水分に限りがあるので不足分は灌水や施肥で補ってあげなければいけません。 2021年2月25日 2021年1月1日

葉物類

2021/2/10

山紅葉(モミジ) B

キミの盆栽びよりモミジ(紅葉)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/momiji.htm自然の土中とは違い、限られた量しか入らない鉢中の用土には、養分や貯蔵水分に限りがあるので不足分は灌水や施肥で補ってあげなければいけません。 2021年1月1日 2020年9月1日

葉物類

2021/2/10

山紅葉(モミジ) A

キミの盆栽びよりモミジ(紅葉)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/momiji.htm自然の土中とは違い、限られた量しか入らない鉢中の用土には、養分や貯蔵水分に限りがあるので不足分は灌水や施肥で補ってあげなければいけません。 2021年1月1日 2020年9月1日 2020年5月11日

葉物類

2021/1/30

橅(ブナ)

キミの盆栽びよりブナ(橅、山毛欅)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/buna.htmブナの仲間は世界で10種ほどがあり、古い庭園文化の歴史を持つヨーロッパでは多くの園芸品種が作られました。日本には大きくブナとイヌブナの2種があり、盆栽では富士山麓産の「富士ブナ」が小葉で有名。生育よく丈夫ですが、亜高山帯に多く自生している樹種で葉焼けを起こしやすいことに注意。芽の動き方が読みづらく、やや作りづらい樹なので、培養のコツをつかみ適期に正 ...

葉物類

2021/1/30

姫沙羅(ヒメシャラ)

bonsai.shinto-kimiko.comヒメシャラの育て方|キミの盆栽びよりhttps://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/himesyara.htmヒメシャラはツバキ科の落葉高木。若木のうちは淡い黄色味のある幹肌は古くなると鮮やかな紅褐色になります。夏に咲くツバキに似た小花や紅葉も見所です。 2021年1月1日 2020年10月15日 2020年9月1日

葉物類

2021/3/5

楡欅(ニレケヤキ)

キミの盆栽びより欅(ケヤキ)の育て方https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/keyaki.htm欅は萌芽力が旺盛で、春から夏にかけて次々に芽が伸びてくるので、手入れを怠るとすぐに樹形を崩してしまいます。丹念な芽摘みや葉刈り、剪定をして細やかな枝先をつくる欅は、日頃から元気に育てて樹勢を維持することが大事です。 2021年3月3日 2021年1月1日 2020年10月15日 2020年9月13日

© 2021 山と盆栽